Blessed days

ついに本番☆


~East Lord Camp 一日目~

受付は14時半にも関わらず、1時間前には初日来る人はほぼみんな集合した(笑)

釧路組は3組に分かれて来た。

第1陣として来たのはまこちゃんだった。

なんと朝9時。

午前の買い物を手伝うために早く来てくれたのだ。ハレルヤ!

いや~ハンパない量だったな!(笑)

a0098894_0313332.jpg



第2陣は中学生軍団だった。

彼らは相澤車で来て、僕らが買い物を終える前に昼にはもう着いていた。

彼らには旅の疲れはないらしく、着き次第外でバスケをしていた。しかも半袖で(笑)

「やっぱうちの中高生とは違うんだな~。釧路と帯広はお互いいい交わりできんのかな~」とちょっと心配になった。

そのうち帯広のメンバーがだんだんと集合してきたが、完璧に帯広と釧路は分離していた(笑)


第3陣は高校・大学生軍団。

教会に残っている人達を心配しつつ、第3陣がバスで来たので13時半に車3台で迎えに行った。

そのついでにヒロとりょうを拉致りサツドラでゲームの景品を買いに行った。

薬局でもいい景品が集まることを知った☆

14時半になったので受付をしてもらい、ちょっと遅れて教会に戻った。

すると、行く前はきれいに分離してた2グループが1つの輪にになって遊んでいるではありませんか!

あまりにビックリして逆に自分が孤立してしまったよ(笑)

神様感謝!☆


その後、最初の集いが始まった!

とりあえず準備不足でMCのコメントが全てアドリブな為、何を伝えたいのか分からない状態に(^^;)

まぁでもみんなで心から賛美できてよかったわ。

ゲームはアイスブレイクでお決まりの人間ビンゴ。

景品はうまい棒味の入浴剤×5。

シンだけ特別にハバネロ的な入浴剤(笑)

賛美は今ここに、カモネダンス、永遠に(今回のテーマ賛美)、LOVE JESUS。

体を使って自由に賛美する釧路組の姿に帯広組は少し驚いているみたいだった。
・・・が意外と早く影響されちゃってカモネダンスで一緒にダンスしてました(笑)


この最初の集会で、みんなと約束した。

それは、「ただキャンプを終わらせるんじゃなくて、何か1つ神様に期待してキャンプに望むこと。」

僕の望みは『「クリスチャンってホントにすばらしいんだ!クリスチャンになって大正解なんだ!クリスチャンになりたい!」と参加者が思うキャンプにしたい!』ということ。そう神様に願ったんだ。



最初の集会後、グループ分け・スケジュール確認・カレー作りと移った。

時間が経つにつれ、それぞれのわだかまりが消えていく。。。

やっぱり僕らは主の家族なんだ☆


カレーもうまかった!



夜19時から集会Ⅱ.

賛美はエビバディプレイザロード・悲しみを喜びへ・カモネダンス・永遠に・みもとにひれ伏し・ほんとうの愛伝えるため。

やっぱ夜の集会だけあって、みんなテンション高い。

・・・いや、集会の始めの方で全員が心を空にするよう祈り求めたからだな!

てか、帯広陣の飛び跳ねて賛美する姿は見たことがなかったからな~。

ビックリだよ!マジで。

あの子も、あの子も、あの子も・・・。ハレルヤ!



ゲームは「あたっちゃダメよゲーム」と「お絵かきゲーム」。

両方とも白熱した。

特にお絵かきゲームはレベルの高さにビックリした!

マスオさん、おしりかじり虫、朝青龍に負けた白鴨・・・難問を次々とクリアする皆さんにはマジで驚きましたよ(^^;) 

景品はオロナミンCのまがい品「ミンナミンC」!!

これはレアじゃない?(笑)

できればわがBチームで分かち合いたかった。。。



証タイムもありました。

A光とわーちゃん。

クリスチャンであることを恥じなくてもいいということと、学生時代は恋愛よりも神の子として生きることが大事だと学びました。



一日目のメッセンジャーはまこちゃん。

「One Way とはどんな道か」という内容で熱く語ってくれた。

人生で初めてのメッセージだったらしいが、証を交えて分かりやすくすばらしいメッセージだった!


「神様は僕らの考えてるレベルの方ではない!」

「神様はことばでは言い表せない!」

出だしから名言を残してくれた☆


『人生を導く5つの目的』から教えられた。

多くの人は、人生を考えたときに「自分は~になりたい。自分は~をしたい。自分は~・・・・」と質問の中心はいつも自分なんだ。

でもそうじゃない。

人生は神様のものなんだ。全ては神様から始まってるんだ。


「なぜなら、万物は御子にあって造られたからです。天にあるもの、地にあるもの、見えるもの、また見えないもの、王座も主権も支配も権威も、全て御子によって造られたのです。万物は御子によって造られ、御このために造られたのです。  コロサイ1:16」


まこちゃんが進路で悩んだときの証をしてくれた。

自分が憧れていた道ではなく、祈って与えられたアドバイスのもと選んだ道は主の道で、今用いられていて、信仰の友も与えられ、ホントに恵まれている!ということを話してくれた。

すばらしいね!

神様が用意した道は僕らにとって一番最高の道。神様に失敗はないんだ。

いくら僕らが頑張って、特技が増えても、多くの財産を手に入れても、名誉を手に入れても、家族が多くできても、果たしてそれが幸せに繋がるとは限らない。

僕らが最高に幸せになるためには神様の道を選ぶ必要があるんだ。

その為には自分で握ってる人生を手放す必要がある!

神様に人生を委ねる必要があるんだ!

あなたは委ねてますか?

そう聞かれた気がした。

間違ったところから自分の人生を歩んでいたら絶対に頂上(最高の喜び。幸せ。)に着かない。

スタートラインは神様なんだ。

神様に立ち返っていない人は神様のもとに立ち返ろう!

その為に祈ろう!

「あなたがたの道を主に委ねよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる。 詩篇37:5」

「わたしは世の光です。わたしに従うものは決して闇の中を歩むことがなく、いのちの光を持つのです。 ヨハネ8:12」

勇気を持って神様に委ねていきましょう!
最高の人生が待ってます!


・・・いや~恵まれたわ~!

ありがとうまこちゃん。

メッセージ後の賛美も熱かったな。

集会後は温泉行って語り合い、教会に戻って語り合って夜を過ごしました。

oh~主よ~!ハレルヤ~ハレルヤ~ハレルヤ~ハレルヤ~♪



a0098894_1394232.jpg
a0098894_1421670.jpg



次回へ・・・。

[PR]
# by with-jesus | 2008-03-14 01:15 | リンク

ご案内☆

a0098894_356453.jpg
ELCの報告はひとまずおいておきまして・・・(たぶん近日やります。)

報告です!

今月末にL’s(エルズ)が賛美集会やります!

・・・ん?そもそもL’sって何だ?って人へ。

L’sとは・・・

1、中高生くらいの人達からなる帯広栄光キリスト教会の賛美チームです。

2、L’sの『L』はLOVE・LIFE・LORDの頭文字、アルファベットの12番目の文字で12弟子のようになろう!という意味。また、神様を見上げ、人に仕える形がLだった!ということも。

3、L(エル)は神様を表すことばで、アポストロフィーが付くことによって、「僕らは神様のものなんだ!」という意味もあります。

多くの人が来れるように祈ってください☆

前日に今年度最後のインドアキャンプもやります!

いい交わりができるようにもお祈りください(*^^)/

[PR]
# by with-jesus | 2008-03-09 03:56

・・・あ、もう1週間が経ってしまっていた。

a0098894_3484157.jpg


今回のキャンプは準備から祝福で満ちていた。

本格的に企画しだしたのは11月から。

そこから2月の本番までの間、いろんなピンチがあり祝福があった。



~打ち合わせ~


12月、1月はお互い教会行事とかで忙しく密な打ち合わせができない状態だった。

ミーティングを開いたのは釧路で行った11月と本番1週間前の2回だけだった。

でも本番はすばらしい連携だった。

違った賜物を持った一人一人が率先してそれぞれのことをやっていく。

まるで綿密に打ち合わせをしたかのごとく。

あれだけ整ったキャンプができたのは、神様の恵みでしかなかった。

ハレルヤ!



~体育館~


キャンプには、『力が余っているユースたちの羽を伸ばす場所が必要だろう!』ということで、体育館を貸しきってスポーツをするプログラムが組み込まれていた。

そいで、年明けから色々と借りれる場所を探してみた。

市内の大きい体育館やコミニュティセンター、隣町のスポーツセンター、市内の小中学校など。

しかし、インドア競技(テニスとかバドとか)の大会やスポーツ少年団の活躍で借りれない状況に。

ことごとく敗退。

これもかなり祈った。

何回ももうダメだと思ったけど。

でも、諦める気持ちになれず、粘ったんだ。

そしたら最後の最後に、教会の近くにある国際交流間というとこの体育館が午後から貸切できるということに。

え?うそ?マジ?うお~すげー!!なんまらハレルヤ~!!だった☆

少し小さい体育館だが、今回の参加人数を考えるとちょうど良かった!



~機材~


キャンプをやっていく上で足りないものがいくつか見えてきた。

マイク、マイクスタンド、譜面台、電子ピアノ、プロジェクター。

まぁプロジェクター以外は何とかなりそうだったが、できれば全部欲しく祈っていた。

・・・・・。

はい、皆さんの予想通り全部そろいましたよ☆

マイクや譜面台は釧路から、マイクスタンドと電子ピアノはなんとsistars(帯広発ゴスペルチーム)から。

でも一番びっくりしたのはプロジェクター。

ある日、仕事中にグロのにっちからメールが来た。

帯広にクリスチャンのネットワークを広げたいユースが帯広バプテスト教会にいると。

・・・まじ鳥肌が立った。

実はこのキャンプを通して他教会のユースとのネットワークも繋げていきたいとも思っていたんだ。

そしたら、まさかキャンプを呼びかける前から、しかも同じ思いを持ってる人から連絡が来るなんて。

ってか自分が動かなくてもネットワークができた!!すげー!!

そのユースはTAIKA君という神様大好きな人(粋な記事をブログに載せてるよ!クリスチャンランキングに行けば見れる☆)で、TAIKA君を通して望君や他のユースとも繋がりを持てた!

まじハレルヤ!!

さらに、よくよく聞いたら教会が帯広バプテスト教会で、そこにはなんとプロジェクターがあるではありませんか!!

すぐにお願いしてみたら、牧師の許可を得て貸してもらえることになった!!

うお~~!!神様すげ~~!!ハレルヤ~!!

神様がさらに好きになった!!



~金銭面&日程~


いろんな準備の祝福があったけど、これが一番すごいな!!(*^0^)//


参加費は、ノンクリスチャンホームの子が来やすいように、2泊3日(食事6回付)を1500円という格安お小遣い価格で決めた!

「会費でまかなえない部分は献金を募ってサポートしてもらおう!」

そう思って自信満々にチラシを撒いた。釧路福音館と帯広の諸教会に。村田先生の力を借りつつ。


その後、本番1ヶ月前に仕事帰りに牧師宅にお邪魔し、ELCの打ち合わせをした。

参加者は智子先生が教会の親達に話をしてくれて確認してくれていた。

早速状況を確認したところ、「光君、今のところ参加確実なのは2人なんだ~。」との返事。

ん?帯広から2人?

・・・。

・・・・。

正直ショックだった。

『何でなの神様!帯広のユースにこのキャンプは必要ないの?まだ時じゃないの?与えられた思いは御心じゃなかったの?・・・』

いろんな思いが出てきた。

釧路の人数も知るべく、メールしてみる。

が、返ってこない。

まぁ深夜1時半ともなれば寝ててもおかしくない。

『参加者5人とかだったらどうしよう。。。。』

時間が経ち、みんなに不安がよぎる。

とうとう日程変更の案も出てきた。

でも僕は反対だった!

どうしてもこの日程を譲れなかった。

4月に地方に進学で行ってしまうあの人の為、教会行事が少ないこの時期だからこそ、2泊3日という初対面でも強い絆をもってキャンプを終えるプログラムはその時期にしか用意できないから・・・。

どうしても譲れなかったんだ。

『あの子が受験に合格したら、あの子が部活じゃなくELCを選んでくれたら、あの子が塾じゃなくELCを選んでくれたら、あの子が親の許可をもらって来れるようになったら・・・』そう期待して牧師夫妻と祈り帰宅する。

次の日、仕事の途中で釧路の人数と交通費が判明した。

釧路からは17人で、バス代は往復で5500円だと。

・・・帯広で開催するにも関わらず、HOMEなのに完璧にAWAYになることを僕は予想した(笑)

てか交通費がヤバイ。

釧路福音館はキャンプ当日にエリヤハウスというセミナーをやっている為、車が出なかったのだ。

17人みんなバス。

17人×5500円で・・・93500円!

キャンプ2日目の体育館使用料が3000円位だから合計で約10万円。

・・・ハンパね~。

参加費が1500×17人で25500円が集まるけど、10万円-25500円=7万4千500円の赤字はヤバイ!!

なんぼなんでも献金でカバーできる額ではない気がする。

これは本気でへこんだ。

日程変更、釧路開催、参加費変更など色んな策を考えた。

マジ悩んだ。

だって、もうチラシ色んなとこに配っちゃったんだもん。

マジ焦った。

仕事も手が付かないほどに。

そしてまた祈った。

マイナスに考えずに期待して。

・・・そしたら道が開けたんだ!

その日の夜にヒロから連絡がきて、釧路から相澤さんが送迎役になってくれて7人バス乗らなくてすむということが判明。

さらに、その一時間後にまたヒロからメールがきて、バス代が学割で3600円になるとのこと。

さらにさらに、この喜びを智子先生に伝えたら他の教会からも出れそうな人がいるとのこと。

一気に逆転の兆しが!=33

祈りにも熱が入る。

いろんな人が祈っていることも感じる。

ハレルヤ☆


すると日数が経つにつれて参加可能な人が増えていく。

「受験に合格したから!」

「親が許可したから!」

「部活休んで出ます!」

「塾休んで出ます!」

・・・・あれ?これ大ピンチを感じたときに祈ってた祈りじゃん!!

うお~!!マジすげ~!!ハンパね~!!ハレルヤ~~!!!!


キャンプを終わった今、振り返ってみると帯広から12人、釧路から14人の参加があった。(スタッフ抜きで)

経費も、ビデオテープや流しソーメンの雨どいなども買ったにも関わらず3万近く余った。

・・・ん?余った?足りないんじゃなくて?

はい!そうなんです!余ったんです!!

やっぱ神様は僕らの想像をはるかに超えた方なんだと分かった!

まさに5つのパンと2匹の魚状態だった!

ほんとに感謝した!!

ハンパない捧げものだった。

いや~ホントにありがとう!

釧路キリスト福音館の皆さん。帯広栄光キリスト教会の皆さん。七飯ユースの皆さん。

また実際に差し入れを持て着てくれた方々。

そして何より、ELCの為に少しでも覚えていただき祈ってくれた皆さん。


神様やっぱりあなたはサイコーです!!

ハレルヤ!!




長くなったので当日の内容はまた次回に☆

ごめんな(笑)

[PR]
# by with-jesus | 2008-02-23 03:21

Blessed Days

a0098894_22352974.jpg

今まで何年もキャンプの企画や参加をしてきた。

でも、これだけ神様の計画の大きさに気づき、JESUSが一人一人に触れられているのを目の当たりにしたキャンプはあっただろうか。。。

ほんとに凄かった。

感謝の嵐だった。

涙腺緩みっぱなしだった。


~East Lord Camp~

主は東にも主の道を備えてくださるの意味。

帯広栄光キリスト教会と釧路キリスト福音館主催。

初の試み。

帯広の他の教会にも呼びかけた。

2月9日~2月11日までの2泊3日のキャンプ。

初の試みにしていきなりキャンプだ(笑)

今回のテーマは、『One Way』。

主の計画を知り期待してJESUSと共に歩んでいく決意をするキャンプ。


このキャンプにはいろんなエピソードがあった。

・・・まずはELCをやるきっかけから。

きっかけは一つではなかった。

神様の不思議な導きによりいろんなところで接点があった。

僕が小さい頃、親の仕事の関係で釧路福音館に行っていて、福音館の人たちと関わりがあったこと。

僕が海外や聖書学校を選ばずに社会に出、希望していた函館ではなく帯広に配属されたこと。

まこちゃんが大学に進み釧路に残ったこと。

ヒロが和歌山からはるばる釧路の大学を選んだこと。

一本の前に福音館のAさんから「帯広と釧路の繋がりをもちたい」と連絡がきていたこと。

一本でまこちゃんとヒロに出会い道東の網作りを決意したこと。

3人ともJESUSがめっちゃ好きだったこと。。。。


・・・振り返ってみるといろんなことが「この時の為だったんだ!」と気づかされる。

やっぱり僕は、道東のユースの働きの為に遣わされたらしい。

ハレルヤ!


参加者は総勢35名だった。

この35名と共に受けた恵みは、また次回に☆

[PR]
# by with-jesus | 2008-02-13 22:35

う~む。

最近生活にメリハリがない。

クリスチャンとしても、社会人としても。

デボれないし、約束を守れないし、そこまで物事を深く考えないし。

これではダメだ。。。


『神様。

変えることのできるものについて、
それを変えるだけの勇気を与えて下さい。

変えることのできないものは、
それを受けいれるだけの冷静さを与えて下さい。

そして、変えることのできるものと、変えることのできないものとを、
識別する知恵を与えて下さい。

アーメン。』

[PR]
# by with-jesus | 2007-12-20 00:10 | リンク



あれも これも
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧